フライヤー印刷を行うことで商売繁盛につなげるテクニック

紙の厚みによる印象

出来上がり

厚手と薄手に分類

フライヤー印刷を行っている業者の紙の種類は、厚みから区別することが可能です。それらの厚みの多くは、キログラムと表現することが可能です。これは、同じ紙が千枚重なった時に何キログラムあるのかによって厚みを表現したものです。紙の種類によっても多少の違いがありますが、重量によってある程度の紙の厚みを推し量ることが可能です。そして、大きくその厚みを分類すると厚手と薄手に分類することが可能です。細かな区別をすることも可能ですが、ひとまずこのざっくりとした区別をしておくことで、用途によってどちらの厚みから紙を選ぶか決めることができます。一般に、厚手の紙質の場合はポストカードや名刺などのような、折れ曲がっては困るようなものに利用される傾向が多いです。そして、重量としては180kg以上のものを厚手と定義することが多いです。反対に、薄手の紙質は用途が広く利用できて、配布するためのチラシであったり、パンフレットであったり、柔軟に利用できることが求められるときに使われやすいです。薄いものでは53kgから利用することができて、135kgあたりが厚手と薄手の分岐点になります。

薄手の中で使い分け

フライヤー印刷で利用される薄手の印刷用紙には、その中でも使い分けがなされることに注目できます。その使い分けとしては、53kgから73kgの範囲内の紙を折込チラシのような、特に柔らかい紙質の印刷に利用します。ポスティングチラシにも比較的見られることが多いといえるでしょう。これは、折りたたみやすい、軽い、そして経費となる原価が安い、という告知のために割り切ることが出来る要素が多く存在するからだと考えられます。そして、90kgを超えてくると、しっかりとしたチラシという印象になってきます。ですから、手渡しで渡せるようなチラシであったり、パンフレットの内部ページであったり、手軽に利用できつつもしっかりした厚みが必要なときに利用されます。フライヤー印刷を行うときの紙の厚みで与える印象が違うため、特に手渡しするものは厚みに気を遣いたいところです。