フライヤー印刷を行うことで商売繁盛につなげるテクニック

紙の種類による違い

印刷

種類を使い分ける

フライヤー印刷を行うときに気をつけておきたいのは、ただ何かに印刷をしてばら撒けば良いというものでもない、という点です。たくさんのチラシが飛び交う現代において、効果的なチラシとは何か、それは紙の種類からこだわって考えぬかれることが求められることもあります。とにかく量を発注してたくさんばらまきたいケースと、ここぞという時にしっかりとした印象の髪質で作りたい広告。この両者で利用される紙質は間違いなく違っています。だからこそ、フライヤー印刷を発注するときには紙の種類による違いを知って、種類を使い分けることが重要です。

代表的な種類

フライヤー印刷を行うにあたって、利用される紙の代表的な種類はコート紙です。コート紙を利用することによって、艶のある広告らしい広告を作ることができます。文字通りコーティングされているため、筆記性には欠ける部分があるため、顧客に何かを書き込んでもらうのには向きません。なお、光沢のないマットコート紙と呼ばれるものもあり、厚みがあるものを利用すればポストカードのような印象をあたえることも可能です。使いどころによって、通常のコート紙とマットコート紙を使い分けるとより効果的な広告活動が可能です。

筆記が必要な用途

フライヤー印刷を行った時に、筆記が必要な用途のチラシを作成することもありえます。それは例えば、通販の注文用紙のようなパターンです。そういった場合は、上質紙や色上質紙と呼ばれるような、普通の印刷用紙と同じ感覚で利用できる製品を選ぶと良いです。そうすれば、筆記性に富んだ紙質によって、顧客が自由に書き込んで利用することができます。

特殊な用紙を利用

目的によっては、特殊な用紙を利用することを検討することも必要です。あえて光沢がない厚紙のケント紙を利用する場合や、とことん光沢を付与したミラーケント紙などの製品を利用することもできます。さらに、業者によって多種多様な紙質を取り扱っているため、もしも用途によってどのような紙を選んだらよいか迷いが出たならば、フライヤー印刷の業者に相談をすると良いです。